源泉かけ流しの仕組み

源泉かけ流しの仕組み

源泉かけ流しの仕組み 日本は地震大国であり、毎年全国各地で大きな地震が発生します。しかし、その恩恵として各地で天然温泉もたくさん湧き出ているので、あながちデメリットばかりとは言えません。
この天然温泉がある場所では源泉かけ流しという方法を用いるのが一般的です。福岡であれば原鶴温泉がその場所になりますが、このかけ流しの仕組みは地面から湧き上がる温泉をポンプを使用してさらに水圧を高めて地上へと送り出しています。
かけ流しなので365日絶え間なく温泉が湧き出ており、原鶴温泉では計25軒ある観光ホテルのすべてでいつでも温泉に入ることが可能です。
源泉かけ流しというのは、源泉地から配管を伝って各施設へと湧き出る湯を送っています。この源泉を管理するのが管理組合であり、原鶴温泉では全観光ホテルが組合に加盟をして順番に管理作業を担っています。
水圧を上げるポンプは電力で作動しているので、かけ流しをするには必ず電気を必要とするのが特徴です。

天然温泉の原鶴温泉に行ってリフレッシュを

天然温泉の原鶴温泉に行ってリフレッシュを 今は自粛する人がとても多いですが、自粛疲れしている人もとても多いです。あまり外出していないためにストレスが溜まっているのならば、リフレッシュのために原鶴温泉に行ってみませんか。
天然温泉の源泉掛け流しが売りの旅館やホテルもたくさんあります。溜まった疲れを落とすためにも良いかもしれません。
美人の湯とも言われていますし、特に美肌になりたい女性が行くと良いのではありませんか。もちろん、男性も行ってみてください。
旅館やホテルによっても違いがありますが、原鶴温泉は大浴場だけではなく露天風呂や家族風呂などもあります。今は新型コロナウイルスの感染が心配な人が多いですし、家族風呂を利用すると良いかもしれません。
大浴場を貸し切ることができるところもありますので、家族で贅沢に大浴場を利用するのも良いでしょう。天然温泉でトロミがあるお湯です。
柔らかい肌触りのお湯なので、ゆっくりと浸かればきっとリフレッシュできます。

新着情報

◎2020/9/28

源泉かけ流しの仕組み
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「天然温泉」
に関連するツイート
Twitter